昭和女子大学 現代教育研究所

グローバル化時代における道徳教育
-総合単元的道徳学習の開発-

道徳教育研究グループ

現在、道徳教育のあり方が大きく変わろうとしています。今後、学校の教育課程の中での道徳教育をめぐる議論が始まります。本研究グループでは、「特別の教科 道徳」の課題と展開に関する研究・道徳的課題への対応に関する研究・外国の道徳教育に関する研究を柱とした活動を行います。各テーマごとに研究員が中心となって進め、年度末にまとめを行う予定です。

2018年度は、「特別の教科道徳」が全面実施となった小学校において「主体的・対話的で深い学び」実現に繋がる授業改善ならびに、総合単元的道徳学習の開発(国際理解 国際親善)に取り組みました。また、フランクフルト日本人国際学校を訪問し、海外で学ぶ子どもたちの生き方教育について、全日制日本人学校の校長、事務局長、幼稚園長、ならびに補習授業校の校長にインタビューをさせて頂きました。2019年度は、開発した総合単元的道徳学習の実証授業を国内のみならず海外で学ぶ子どもたちに対しても学校理事会の許可を得て行いたいと考え、準備に入っています。(2019年度)

ARCHIVES

このプロジェクトの活動の履歴

関連アイテムはまだありません。