昭和女子大学 現代教育研究所

情報リテラシー教育用ゲーム教材の開発

教育課題研究グループ

教育課題研究グループは、様々な専門分野の委員や研究員が参加しています。いじめ、不登校等の生徒指導上の課題や、特別な支援が必要な子供への教育、道徳等の新たな教育の枠組みなど、教育を取り巻く課題も様々です。したがって提言やアイデアを寄せ合い、21世紀型の学力観などの視点から俯瞰しながら、じっくりと具体的な課題設定をしていきたいと考えています。学校の先生方との協働も大切にして、現場の役に立つ研究をしていきます。

2019年度中に情報リテラシー教育用ゲーム教材の開発に向けて、①調査・②企画・③試作を行います。①では「既製ゲーム教材の収集・分析」を通じて、情報リテラシー教育における応用可能性を多面的・多角的に検討します。なお、予備調査は2018年度に実施済みです。それらの結果を踏まえながら、②カードゲームの開発に向けた新機軸の企画を立案し、③試作品の開発後、本学園の生徒・学生などの協力を得て、モニターテストを実施する予定です(2019年度)

ARCHIVES

このプロジェクトの活動の履歴

関連アイテムはまだありません。