昭和女子大学 現代教育研究所

教員・保育者志望高校生の養成校への接続に向けた教材開発

教育課題研究グループ

本研究は、2019年度に開始した「教員・保育者志望高校生の養成校への接続のあり方をめぐる基礎研究―教材開発を中心に―」(歌川光一)の継続研究です。教員・保育者志望の高校生が、教員・保育者、子どものイメージについて考える機会を与えられるような教材等の開発等を企図しています。

2年目となる2020年度については、教職課程において初年次科目として配当されやすい「教育原理」と高校の地歴公民の紐付けの優先度が高いことから、教育原理と高校の世界史、日本史、倫理の関連を示した教材開発を計画しています。

ARCHIVES

このプロジェクトの活動の履歴

関連アイテムはまだありません。