コクリ2018
10/16

the衣×l   Ii  man」、シェークスピアの言葉が「ファッ専門家による最後のセッションはパリコレ帰りの菊田琢也先生です。最初の問いかけは「ファッションと聞いてイメージする言葉は?」。「流行・洋服・モデル・おしゃれ・ディテール」などの声を受けた先生は揺さぶりをかけます。「じゃあ、まずはこの映像から」。コム・デ・ギャルソンのショーに「なにこれ?」と声をあげる生徒たち、でも先生は「ものすごく泣きそうになるくらい、揺さぶられる」とつぶやきます。そのギャップにびっくりするところからレクチャーは始まりました。さらに驚きは続きます。私たちが惹きつけられたのは「ANREALAGE」の衣服づくり。バームクーヘン状の塊が機械で彫り上げられ一枚の洋服に変身。「重そファッション。ルーブル美術館を舞台にしたVUTTON・Dor、宮殿にビーチを作ったCHANEL、初めてのパリコレ映像にテンションは急上昇です。2時間目は「ウォーリーをさがせ」から。「ウォーリーを探すことができたのはなぜ?」「服から」、その言葉を受けて先生は問います。「魔女の宅急便のキキはなぜ黒い服を着ているのか?」と。誰も私のことを知らない都会での生活を始めるキキ。ありのままの自分の姿で自分の世界を見つけ、社会での居場所をつくっていく、その修行のためには黒というシンプルな服が必要だった。みんなで考えた答えに先生はにっこり。3時間目は「シンデレラ」の変身シーンから「ファッションの魔法」について。「私をあらわし、私をクリアにしてくれるもの」それが衣服。でも、他人と違うものをと言いながら、みんなと同じものを選ぼうとする私たち。そこに誰かが作る流行という力が潜在的に影響していることを学びました。「Cothesmakeションってなに?」の鍵でした。コスモス色の服で旅立ちたかったキキなのに「なぜ黒い服?」と謎解きを開始。キキのお母さんの言葉「魔女の黒の中には、この世のすべての色が入っている」。おソノさんの「黒は女を美しく見せるのよ」という言葉にもヒントがいっぱい。「キキはなぜ黒い服?」10DAY:2018/10/13(SAT)そう」りの。声続にく、は先パ生リはコ「レ重のさ2200キ1ロ9」春とぽ夏Session.5菊田 琢也先生[昭和女子大学 非常勤講師      ファッション研究者]縫製業を営む両親のもと、布に囲まれた環境のなかで育つ。コム・デ・ギャルソンの仕事に衝撃を受け、ファッション研究に進んだという先生。専門は文化社会学/ファッション研究。THEMA:ファッションを哲学する?~衣を纏う意味の探究~哲学

元のページ  ../index.html#10

このブックを見る