コクリ2018
11/16

衣×旅いよいよ「私たちの衣冒険プロジェクト」がスタートです。専門家のセッションから刺激をうけ、毎日の生活の中で見つけた「問い」をベースにして、トピックを選び、テーマを決め、「冒険計画」をデザインする、これがミッションです。まずは各自の考えたトピックについてフラッシュ・トーク。「地球にも私にもやさしいファッションって?」「伝統的な和文化と異文化融合のファッションを!」「汗のにおいを抑える布・繊維って?」「未来の制服ってどんなもの?」など、仲間たちの「問い」にみんな興味津々。すべての発表を受け、コクリ・ナビゲーターが提示した6つの探究の条件、それは①身近さ、②切実さ、③オリジナリティ、④価値、⑤インパクト、⑥実現可能性。これらを大切にしながら、いよいよプロジェクトデザインに着手です。お互いの想いを語り合い、「そこに愛    はあるか?」と何度も問い直しながら選んだトピックは「和服と世界の衣文化」「高機能繊維」「未来の服」「アップサイクル」。そのトピックからウェビングで発想を広げ、ICTを駆使したリサーチの開始です。ようやく辿り着いたそれぞれのチームの冒険テーマは「着物リボーン~伝統×現代リミックス~」「環境変化と未来服2050」「人にも環境にもやさしい未来の繊維」「思い出保存プロジェクト~洋服リメイク・レシピ~」。これらの超魅力的なテーマを掲げて、さぁ冒険への出発です。コクリ・ナビゲーターからもらったいくつかの資料とワンポイント・アドバイスを読み込み、それらを手がかりにしながら、各チーム、本格的なリサーチを進めます。どんどん実験を進めるグループ、実際に制作し始めるグループなどなど。そして、成果発表会でのプレゼンに向けて、リハーサルにも挑戦。プロジェクトの成果を「誰に届けたいのか?」、お互いがアイディアを出し合いながら、クリエイティブに挑戦し続ける姿がとっても印象的でした。「人と環境にやさしい     未来の繊維をさがせ」スパイダーシルクやトウモロコシ、未来の繊維を求めて繊維業界は今戦国時代。天然素材だから環境によい、化学繊維だから環境に悪いと簡単には言えないことを手と足を使って調べてみよう。きっとなにかに出会えるはず。11THEMA:私たちの衣冒険プロジェクトへ旅立つ!DAY:2018/11/17(SAT)OurProject青木幸子先生緩利誠先生[昭和女子大学 現代教育研究所]「面白くてためになる授業って?」「ワクワクの問いの見つけ方は?」「プレイフルでディープな学びって?」そんな先生・生徒の声にこたえようと、コクリ「Co-Creative Learning Session」に挑戦中の私たちです。

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る