コクリ2018
4/16

仲間と一緒に「不思議」の冒険、今回のコクリテーマは「衣から紐解く私たちの暮らし」。さあ、私たちコクリ・ナビゲーターと一緒に学びの冒険へ出発です。キックオフは「私と衣」をテーマに「思い出展覧会」からスタート。大きくなってお気に入りのパジャマが着られなくて涙した話、お母さんがはりきって作った剣道の防具入れがバレリーナ柄でビックリした話など、クスッとしたり、しんみりしたり、仲間たちの服の記憶に耳を澄ませます。語りに続くのは「衣と聞いておもいつくこと」シンキングマップづくり。大好きなブランドやショップをはじめ、好きな服はどこから来たの?と付箋に書き込んでいきます。ワールド・ワイドに広げたり、繊維の世界に突入したり…、グループメンバーの経験と知識を手がかりに衣の世界はどんどん広がります。みんなでシェアした一行は、衣の世界の入り口に立ったのです。続くミッションは「衣をめぐるニュースショー」。新聞・雑誌・ネット記事をもとに、ホットトピックを探究し、グループごとにニュースショー仕立てでのプレゼンです。コクリ・ナビゲーターが行ったニュースショー・デモンストレーションは「制服好きな日本人」。それを見て俄然張りきるメンバー。彼女たちへのミッションは「深刻化する若者のファッション離れ」「ファストファッションの光と影」「繊維と衣服の先端科学」。膨大な資料と格闘しながら作り上げたニュースショーのラインナップは「量産型女子」「エシカルファッション」「ヒートテック」。インタビュアーや専門家になりきることで、衣世界へのモチベーションが一気にドライブされました。最後は次回の宣伝も兼ねた絵本「ふくはなにからできてるの?」の朗読会。これからの衣冒険に皆のワクワクは高まるのでした。衣【】       4「双子コーデで映えをめざせ」ニュースショー、今日のテーマは量産型女子大生。そこで突撃インタビュー「今日の洋服のポイントは?」女子大生は答えます。「かわいい」 「おしゃれ」 「だよね~」仲良しアピールを発揮する双子コーデのなんと多いこと。セルフィーで撮った写真をinstagramやTwitterに載せるそうだ。THEMA:衣と聞いて思いつくことは?~衣の世界への誘い~Kick Off青木 幸子先生 緩利 誠先生[昭和女子大学 現代教育研究所]「面白くてためになる授業って?」「ワクワクの問いの見つけ方は?」「プレイフルでディープな学びって?」そんな先生・生徒の声にこたえようと、コクリ「Co-Creative Learning Session」に挑戦中の私たちです。DAY:2018/06/09(SAT)生活

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る